プレゼント

読者プレゼント

応募締切:令和5年1月31日(火)まで

江戸っ子が愛した桜の名所・飛鳥山(北区)

桜の名所として人気のスポット飛鳥山の歴史は古く、8代将軍・徳川吉宗までさかのぼります。飛鳥山に1270本の桜を植えた吉宗は、桜の名所では禁止されていた酒宴や仮装を許し、江戸っ子たちはさまざまな趣向で楽しみました。明治6年(1873)には上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定され、桜だけでなく秋には紅葉をのんびりと楽しむことができます。標高25.4mですが、誰もが気軽に楽しむことができるように、車椅子やベビーカーにも対応できる無料のあすかパークレール・アスカルゴがあり、約2分で山頂につきます。

見どころ

多目的広場から東側の高台へ上る途中にある火の見櫓風の時計塔

8代将軍・徳川吉宗の飛鳥山における業績を伝えるために、元文2年(1737)に建立された碑(東京都指定有形文化財)

明治通り側から見た飛鳥山

公共基準点と標高モニュメント

DATA

所在地/北区王子1-1-3
主なアクセス/京浜東北線「王子駅」(中央口か南口)から徒歩すぐ、都電荒川線(東京さくらトラム)「飛鳥山駅」・「王子駅前駅」から徒歩すぐ 、東京メトロ南北線「王子駅」から徒歩約3分

このページのアーカイブ

NO.69

江戸っ子が愛した桜の名所・飛鳥山(北区)

NO.68

23区内で一番高い天然の山・愛宕山(港区)

NO.67

山手線内の最高峰・箱根山(新宿区)